2013年08月09日

カメラ用風呂敷!!

 姫を連れて遊びに行くときなど、EOS 5D MarkIII+レンズだけで持ち歩くことが増えたので、キズ防止に↓を購入してみました。

ハクバ カメララップM 桜紺(2013.08.08)

 ハクバ『カメララップ M 桜紺』です。いわゆるカメラ用の風呂敷ですね。
 大きさや形状の許容が大きいので良さそうだなーってことで。内側はフリース素材で外側は撥水の化繊。紺色に金色の桜模様が入ってます。このデザインがけっこう気に入りました。風呂敷っぽいし。

 まずは↓な風にカメラを置きます。

ハクバ カメララップM 桜紺(2013.08.08)

 そして左右、背面の順にたたみます↓

ハクバ カメララップM 桜紺(2013.08.08)

 最後にゴム紐をボディ背面経由でレンズに引っかけて完成↓

ハクバ カメララップM 桜紺(2013.08.08)

 ストラップもそのまま使えますし、案外フィットします。

 試しにEOS 5D MarkIII+EF70-200mm F2.8L IS II USMも包んでみました。

ハクバ カメララップM 桜紺(2013.08.08)

 包めなくもないですが、ゴム紐が付いている角をカメラ背面からレンズに引っかける必要がありました。でも、十分な汎用性ですね。

 思っていたよりも色々包めて便利そう。もっと早く買っておけば良かったなぁ。

posted by Hizuki at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2013年05月10日

つまみ付きレンズキャップ

キヤノン E-77II / E67II(2013.05.09)

 先日導入したキヤノン『EF70-200mm F2.8L IS II USM』には新型のレンズキャップ『E-77II』が付属していまして、これがけっこう使いやすいので、他のレンズ用に2つ買い足しました↑
 1つはEF24-105mm F4L IS USM用、もう一つはEF100mm F2.8L マクロ IS USM用。

77mm径用各種レンズキャップ(2013.05.09)

 今まで使っていたのは↑の真ん中のハクバ製のレンズキャップなんですが、せっかくつまみがあるのにつまみがつまみにくくて、レンズにはめにくいし、外しにくい。結局、レンズフードを外して端をつかんで外したり装着したりしてました。

 対してキヤノンの新型レンズキャップは真ん中のつまみに突起があって指に引っかかりやすいんです。なので、レンズフードを付けたままでもレンズキャップの脱着がしやすい。あと作りがしっかりしていて壊れにくそうですね。

 標準のレンズキャップ(↑写真右側)が使いにくいなぁって思ってる方にオススメです。
posted by Hizuki at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2013年03月13日

神レンズ

庭(2013.03.10)

 キヤノンがキャンペーンなんぞ始めたもんだから、前々から撮影機材の整頓が必要だと思ってたし、春だし、ってことで、何本かのレンズやボデーと引き替えに、キヤノン『EF70-200mm F2.8L IS II USM』が我が家にやってまいりました。

 キヤノンユーザーで熱心な人はもう持っているか、いつかはたどり着くレンズですね。私的には、I型だったら買い換えることはなかったと思いますが、II型になって神レンズと言われるようになって気にはなっていました。

庭(2013.03.10)

 実はまだあまり撮れていないので、その実力をよく理解できていないのですが、とりあえず、重いってことと、手ブレ補正の利きがスゴイってことと、開放F値でもかなりシャープってことがわかりました。

 重いことは仕様を見ていたので想定内でしたが、手ブレ補正の効きは実際に使ってみてどうかって思うところがあり、半信半疑でした<仕様上、4段分。
 実際体感してみると、仕様通り手ブレ補正の効きが強力!!200mm側で使ってもフレーミングがかなり安定します。手ブレを避けると言う意味では、もう三脚はいらないんじゃないかと思うほど。まぁ、実際には構図を安定させるために必要ですが・・・。

 ボケ味は少しうるさい感じがしなくもないですね。でも十分許容範囲。んー、いずれちゃんと比較しようとは思いますが、EF200mm F2.8L II USMはもはやいらないんじゃないかと。ただただ驚くばかりです。

 付き合いが長くなりそうなレンズですね。

posted by Hizuki at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2013年02月22日

Eye-Fi Pro X2 16GBが結構速い!!

Eye-Fi Pro X2 16GB(2013.02.20)

 手持ちのコンデジ(SONY DSC-TX10&TX20)の記録メディアには『Eye-Fi Explorer X2 8GB』を使っていたのですが、DSC-TX20はEye-Fiのエンドレスモードに非対応だし、最近dは動画の撮影もよくするので、去年末に発売された容量が2倍の『Eye-Fi Pro X2 16GB』を買い足してみました。
 8GBの方は嫁さんのコンデジ(Canon PowerShot S95)に・・・。S95はエンドレスモードでも問題なさそうだし。

 16GBになって、スペック的には容量以外でスピードが速くなった(クラス6→クラス10)のが売りなんですが、速度にあまり期待はしていなかったんですね。
 しかしですね、カードへの読み書き速度の向上だけじゃなく、無線LANアクセスポイントへの接続や転送までもかなり速くなってて、全体的な高速化がされていて驚きました!!
 特に転送速度はあまりにも速いので、転送されていないものと勘違いするほど。転送時間が短くなればカメラの電源を落とすまでの時間も短くなるわけで、バッテリー節約になりますね。

 その他の機能としては今までと大きく変わりません。Pro版はRAW転送も対応していますが、DSC-TX20自体にRAW撮影機能が無いですし、EOS 5D MarkIIIで使うにはRAWファイルのサイズがでかすぎます( ̄Д ̄;;

 しかしまぁ、Eye-Fiって便利ですねぇ。一度使い始めるともう手放せない。確かにWi-Fi内蔵のカメラとかでも同じようなことができますが、Eye-Fiの場合はファイル転送先のPCが起動していなくてもEye-Fiのサーバーにプールされるので面倒がなくて良いです。インターネット接続経路さえ用意できれば、撮ってすぐにバックアップ完了ですからねぇ。安心で便利です。

 今まではちょっと煩わしくてダイレクトモードを使っていなかったんですが、転送が速くなったみたいですし、ちょっとまた使ってみようかなぁ。

posted by Hizuki at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2013年02月12日

正常進化

Sony DSC-TX20 & DSC-TX5(2013.01.24)

 『DSC-TX20』を使い始めてしばらく経ちますが、『DSC-TX5』からちゃんと正常進化してて感心してます。

 まず、バッテリーの持ちが良くなっている感じです。TX5はバッテリー交換してもすぐに1目盛り減ったりすることが多かったのですが、TX20はちょいと粘る感じですね。まぁ、いずれにしても予備バッテリーが必要ですけど・・・。

 Eye-Fiへの正式対応も良い感じ。TX5はカメラ側がEye-Fiに対応していなかったので、撮影した写真データの転送状況がわからなかったんですね。それに対して、TX20は転送状況をアイコンで表示してくれるし、転送が完了するまでサスペンドしないようになってます。
 あと心なしか転送完了までの時間が短くなっている感じがします。電波の透過性が高まったりしたのかも。

 逆に良くないなぁって思ったのがズームレバーの位置。角にあるし、出っ張りが大きめ。撮影中は指のかかりが良いのですが、持ち歩いたり、ケースから取り出すときに引っかかることが多いです。材質がプラスティックなので折れたりかけたりしないか心配ですね・・・。

posted by Hizuki at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2013年01月26日

TX5→TX20

Sony DSC-TX20(2013.01.25)

 ブログの写真やメモ用に使っていたソニー『DSC-TX5』が壊れてしまったので、同じシリーズの『DSC-TX20』に買い換えました。
 どっちかつーとブラックが欲しかったのですが、在庫と価格の関係でブルーですw

 DSC-TX5の壊れ方がちょっとおもしろくて、電源を入れるとバイブレーションし始めて、電源を切ったり、再生モードにしないとずっとバイブレーションし続けちゃうんです。元々、バイブレーションの機能は無いので、おそらく手ブレ補正用のアクチュエータが誤動作するようになっちゃったんでしょう。
 バイブレーションしたまま撮影することも可能ですが、当然ブレ写真しか撮れません(笑)

 そんなわけで後継機種(3代目)のDSC-TX20に買い換えたわけですが、以前、2代目のDSC-TX10が出たときに静電容量式になったタッチパネルを批判しただけに、ちょっと抵抗がありました。

 なので、他の防水デジカメを検討してみたのですが、防水、防塵、耐衝撃、耐寒、軽量、コンパクト、動画中AF、フルHD動画を満たすカメラってほとんど無いんですね。ていうか、このカメラくらいしかない。
 特に動画中AFって、まともなのはソニーとパナソニックだけらしいです。久しぶりに買ったコンデジがDSC-TX5だったので、最近のコンデジは動画撮影が凄いなーって思ったんですが、ソニーだから凄かったんですね・・・<いまだに優位は変わらない模様。

 懸念点な静電容量式タッチパネルですが、実際に使ってみるとなかなか使いやすくて意外と良いかもw
 もちろん水中では全く使えませんけど、少し濡れるくらいなら普通に使えるので問題ないかな・・・。レスポンスの悪さは相変わらずなんですけどねw

 静止画の画質に関しては少し悪くなってるんじゃないかと思います。ま、元々画質は求めていないので気にしません。ただ、手ブレ補正は性能アップしてるような感じです。片手で撮ることもあるので、これはなかなかありがたい。

 まぁ、あんまり変わってないってのが印象なんですよねぇ。明らかに変わったなって思ったのが重さで、数字的には10gしか軽くなっていないんですが、手に持ってみるとよくわかるんです。バッテリー単体の重さが15gですから、実はけっこうな軽量化なのかも。

 そんなDSC-TX20、ちょうど昨日カタログ落ちしまして、今のところ正統な後継機種の発表もありません。DSC-TX20発売後にDSC-TX300Vが発売され、昨日はDSC-TF1が発売です。スペック的にはその2機種の中間くらいがDSC-TX20なんですね。なのでもしかしたら、このまま後継機種は出ないのかも知れません。
 そうなると必然的にスライドレンズバリアな防水デジカメが消滅です・・・。

 DSC-TX5を2年半使ってみて、使い勝手が良くてけっこう気に入っていたんです。さっと出せてさっとしまえて、雨が降ろうが風呂だろうが関係なし。デジイチには手軽にできない撮影をするサブカメラとしては、個人的には最強じゃないかと思ってました。キープコンセプトなDSC-TX20も同様ですね。
 問題は耐久性。最低でも3年はもって欲しいなぁ。

posted by Hizuki at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年07月25日

ビデオカメラ購入決定!!

ソニー ハンディーカムカタログ(2012.07.25)

 なんだか、とんとん拍子に話が進んで、両親と共同でデジタルビデオカメラを買うことになりました。

 スチルカメラの知識や情報はある程度は持ち合わせていますが、ビデオカメラとなるとサッパリ。でも、少し調べてみると今も昔もソニーのビデオカメラが優秀のようで・・・。パナソニックも良さそうですが、手ブレ補正の技術はまだソニーの方が上らしいです。

 ってことで、ソニーのハンディーカムを方針で決定。とにかくぶれにくい機種ってことで、CX720Vで決定です。「空間光学手ブレ補正」という凝ったメカニズムの手ブレ補正がスゴイっす。
 このカメラならば、家族の誰が撮ってもぶれにくいでしょうね。難点はやや高価ってのと、比較的重いってことですかね。

 しっかしまぁ、最近のビデオカメラは進化しましたねぇ〜

posted by Hizuki at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年06月14日

EOS Kiss X6i

 先日キヤノンから発表された『EOS Kiss X6i』、なかなか良いですね。

 いろいろとかなりパワーアップされていますが、中でも動作が撮影中の動画サーボAF(コンティニアスAF)が気になります。
 デジタル一眼レフカメラの動画撮影はEOS 5D Mark IIとMark IIIで経験済みですが、動画撮影中のフォーカシング(MF)がとにかく難しくて、どうしてもピンぼけ動画が録れちゃうんですよねぇ。
 それをAFでやれるようになったんですから、興味が湧かないわけがないです。

 まだ発売前なのでものすごく詳しくは書いてないですが、価格.comのレビューサイトを見る限りではこのコンティニアスAFの実用性は高そう。さすがに速い動きモノはキツイでしょうけど、コンティニアスAFができないよりはマシであって・・・。

 あと、背面液晶がタッチパネル(静電容量式)で操作できるってのも良さげ。この機能は是非EOS 5D MarkIIIにも欲しかった!!いや、コンティニアスAFもMark IIIに欲しかった!!

 んー、それにしても発売日が近い割りにMark IIIには載せられなかったんですねぇ<新機能。やっぱ、この点はAPS-Cサイズとフルサイズの違いがあったりするんでしょうか・・・。
posted by Hizuki at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年06月04日

今更、三脚ケースを

DSC-TX5 ケンコー トライポッドキャリー L型(2012.05.31)

 かなり今更なんですが、三脚ケースを買いました。
 ケンコー『トライポッドキャリー L型』です。

 今使っている三脚はVelbon『Neo Carmagne 740』で、2007年に嫁さんから誕生日プレゼントとして貰ったものです。雲台が別売りだからなのかケースが付属していなくて、今まではアウトバックのリアラゲッジルームにそのまま入れていたんです。
 ずっと気になっていたのですが、タイミングを逸したりしてあれよあれよと早5年(笑)。

 Velbonのラインナップには『4W#740L』という専用ケースも存在しますが、値段が高いし、でかいし、必要の無い機能があったりしたのでパス。シンプルで汎用的なケンコーのケースにしました。雲台がケンコー製なので一応、中身とメーカーがそろってますョ(^_^;)

 トライポッドキャリーは特に内ポケットや外ポケットが用意されておらず、とにかく三脚を入れるだけの袋です。ただ、以外と生地がしっかりしていて丈夫そう。ファスナーは防水ファスナーではありませんが、生地自体は防水仕様だそうです。そこそこ安いし、なかなか良さげです。

 あとついでに↓も購入。

DSC-TX5 Velbon エンドフック(2012.05.31)

 Velbon『エンドフック』です。

 これも当初より付けたいと思っていたものなのですが、普通に売っていないので・・・。今のところ、いつ活躍するかわかりませんが、風景を撮るときにバッグをつり下げたいと思います。

posted by Hizuki at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年05月20日

たすき掛けカメラストラップ

DSC-TX5 2DE 2Way カメラストラップ [MODEL-20] ブラック×ブラック×レッド/ブラック(2012.04.14)

 ちょっと前の話なのですが、EOS 5D Mark IIIの導入を機にカメラストラップを2DE『2Way カメラストラップ [MODEL-20] ブラック×ブラック×レッド/ブラック』に換えました。製品名が長すぎますね(^_^;)

 基本的にはたすき掛けタイプのストラップで、たすき掛けしたまま(ほぼ)ワンタッチで20cm長くなってカメラを素早く構えることができます。移動時は身体に密着する長さにしておいて、撮影するときに伸ばすって使い方になります。

 日本平動物園に行ったときに実戦投入したのですが、予想以上に使いやすくてかなり満足しています。今までのように肩にかけるだけだと落下しそうで不安でしたが、たすき掛けなら安心ですね。両方の手が空きますから、子供を抱っこするときに重宝します。
 ちなみに伸ばしたまま(+20cm)でも歩けなくもないですが、カメラがブラブラと揺れますので移動するときはカメラを手に持つか、抑える必要があります。

 裏地をシートベルト生地で補強してあったり、ヘルメット用バックルを使っていたり、凝った本革を使っていたりして、細部までこだわって作られていてモノとしての満足感も大きいです。色は迷いましたが、ブラックレザーにレッドステッチなので結果的にLレンズカラー(笑)ですね。
 後で気がついたのですが、キヤノンの『リモートコントローラーRC-6』に付属するケースもブラックフェイクレザーにレッドステッチなので、ブラック×レッドステッチは純正カラーなのかも。

 ちょっと気になったのは固いこと。ちっちゃくたためないので、バッグへの収まりが悪いです。まだ試していませんが、三脚で撮影するときもやり場に困るかも知れません。
 あと、特に不安があるというわけではないのですが、カメラに取り付ける部分の生地が、今まで使っていた純正ストラップ(ジェントルストラップ)ほど厚みがないのが気になります。単純に『厚い=丈夫』ではありませんが、負担がかかる部分なので・・・。

 けっこう高い買い物なのでずっと躊躇してたのですが、もっと早く買っておけば良かったかも・・・。将来的にカメラは買い換えることがあるとは思いますが、ストラップはダメになるまで買い換えることはありませんしね。

posted by Hizuki at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年04月12日

Mark III

SONY DSC-TX5 Canon EOS 5D Mark III(2012.04.12)

 突然ですが、先日、キヤノン『EOS 5D Mark III+EF24-105mm F4L IS USM』が我が家にやってきました!!

 まだあんまり触れていませんが、操作系がMark IIと違うので、慣れるのに少し時間がかかりそうです。特に再生時の拡大/縮小方法が変わっちゃいまして・・・。でも、事前調べで右手のみで拡大/縮小操作ができないって情報だったんですが、設定次第でできる(+α)ことがわかりましてホッとしています。

 とにかく機能が増えたので覚えたり設定することが多いです。特にAF関連は使いこなせるようになるまで時間がかかりそう・・・。
 Mark IIでは中央以外のAF枠が使い物にならなかったので、中央以外のAF枠はほとんど使わなかったのですが、Mark IIIは中央以外もとても優秀なので積極的に使おうって思っているんです。んが、AF枠を選択するって操作に慣れていないもんだから、撮ろうとするとまごまごしちゃいまして・・・(^_^;)

 そのAFですが、中央以外もちゃんと使えるってのがホント新鮮な感じです。
 Mark IIでも、明るいところなどの条件が良い場合はちゃんとAFが使えたのですが、部屋の中などの少しでも暗い環境ではすぐに(測距を)諦めちゃって・・・。対してMark IIIは、部屋の間接照明の明かりだけでちゃんとAFが動作しちゃうんです。こりゃぁ、MF使用率が低まりそうですよ!!

 あと、ISO感度を上げても画質が荒れにくいですねぇ。けっこう驚異的な感じします。個人的には、多少ノイズがあってもブレるよりはましって考えですが、ノイズが少なきゃそれはそれで歓迎なので。ただ、高感度になるにつれて鮮明度が落ちて線が太くなってしまいます。これは仕方ないですね。
 

 正直、Mark IIは中途半端なところ(特にAF)があったカメラでしたが、Mark IIIはMark IIの中途半端なところを解消したバランスの取れたカメラなったって感じです。まぁ、価格がちょっとって感じはしますが、損した感じはしません。いろいろ言われていますが、良くできたカメラだと思います。

posted by Hizuki at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年04月02日

三代目

 キヤノン『EOS 5D Mark III』が発売されましたねぇ。
 Mark IIを買うときは予約をして買ったんですけど、今回は価格的に様子見です。ボディーだけで31万円は高いですよねぇ。Mark IIの時は27万弱くらいだったんですもん<それでも十分高いッ!!

 ボディー単体との価格差次第ですけど、今回はEF24-105mm F4L IS USMとのレンズセットを買いたいなぁって思っています。嫁さんと一緒に写真を撮ったりしていると、割と標準域のズームレンズを二人とも使いたくなったりすることが多くて、EF24-70mm F2.8L USMに加えて1本足そうってことで・・・。
 それに、室内で子供を撮ることが多いのでIS付の方が有利ですからね。被写体ブレは防げないですけど。

 ちまたではニコン『D800/D800E』が素晴らしすぎて、そちらへ流れていく(マウントチェンジ)方が多いようですが、気持ちがわからなくもないですね。確かにD800/D800Eって魅力的ですもん。価格も抑えてあるし。相当がんばったんだと思います<ニコン。
 でも、我が家にはお気に入りのキヤノンレンズたちが多数おりますゆえ・・・。

 話をMark IIIに戻すと、今回の進化で一番期待しているのはAFです。
 子供が生まれる前はAFはどうでも良かったんです。風景を撮るにしても、マクロ域で花を撮るにしても、MF率が高かったですから。でも、子供を撮るにはMFは厳しい。寝てるとき以外は動いてますからね、あやつは。
 Mark IIIはEOS 1D X級のAFってことですから、きっと活躍してくれるんじゃなかろうかと。特に中央以外にもクロス測距があるってのが嬉しいですね。中央で日の丸構図ってあまり撮らないですし。

 あと、高感度時の画質が向上しているってことで、被写体ブレを減らせそう。ISO感度をオートにして、シャッタースピードとF値を固定したときの自由度が広がりますなぁ。ISO感度オートの範囲も指定できるようになったみたいだし。これも期待大。

 問題は、いつ、いくらで買うか・・・。
posted by Hizuki at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2011年07月08日

動画はじめました

 愛機『EOS 5D MarkII』(EOS5D2)にはフルハイビジョン動画を撮影する機能がありますが、今まであまり興味ながなく、ほとんど使っていなかったんです。んが、姫が誕生して少しくらいは動画を残してあげようってことで、ステレオマイクを追加してみました。

SONY DSC-TX5 Canon EOS 5D MarkII & audio-technica AT9941(2011.07.08)

 大げさにごつい物を買う必要は無いと思ったので、入門者向け的なaudio-technica『AT9941』にしました。正直言って、動画やマイクの知識はほとんどありませんので・・・。
 入門者向けとは言っても、なかなかしっかりした作りで、本体は金属製、延長ケーブル、本格的(?)なウィンドウマフ(風の音が入りにくくなるらしい)も付属するのでお買い得感ありますね。おおむね満足なんですが、電源が自動でON/OFFしないのがちょっと使いにくいです。

 動画は容量が大きいので、ついでにCFも16GBのSanDisk『Extreme SDCFX-016G-J61』を追加。今まで使っていた8GBのSanDisk『ExtremeIV SDCFX4-8192-J45』とほとんど同じ価格(てか、16Gの方が少し安い)ってどういうことよ・・・。容量2倍で速度は1.3倍になってるのに!!2年半でここまで進歩するなんて!!

 愚痴はさておき、早速、姫を撮ってみました。

 率直な感想としては、フォーカシングが難しい!!
 録画開始直前にとりあえずAFでピントを合わせて、録画開始後はMFでフォーカシングするんですが、背面液晶モニターはピントの山がつかみにくいですね。特に絞りを開けてるととてもシビアで大変。姫もガンガン動きますし。

 でも、上手く撮れたときは映像の美しさにビックリします。難しいけど、絞りをなるべく開けて撮ると背景がぼけるんで、コンパクトデジカメでは撮れない映像が撮れるんすよねぇ。ノイズも少ないし。
 あと、音声もステレオだと臨場感が増して良い感じ。お宮参りの時に神社で撮った映像は、鳥のさえずりが録音されていて臨場感がなかなか。

 ところで、撮った写真や動画をTVですぐに見せられるように、HDMIケーブルを調達しました。
 OAナガシマで、2mが580円という大特価(笑)。わけのわからんメーカー製ではなく、ちゃんとプラネックスの製品なんです。そのままではEOS5D2に接続できない(EOS5D2側はミニHDMI端子)ので、バッファローのHDMI→ミニHDMI変換コネクタを購入。これは980円なので、ケーブルよりも高い(苦笑)

 安すぎて表示されなかったり、表示が乱れたりしたら嫌だなぁって思っていたんですが、意外となんにも問題なくTVに表示されました。フルハイビジョン動画の再生も問題なしでした。嫁さんのPowerShot S95も繋げてみましたが全く問題なし。HDMIってケーブルにまつわるトラブルが多いって聞きますが、最近はそんなでもないんですかねぇ・・・。

posted by Hizuki at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2011年06月01日

バグ解消!!

SILKYPIX Developer Studio Pro 5 β(2011.05.31)

 『SILKYPIX Developer Studio Pro 5』(Pro 5)のβ版がバージョンアップして使用期限が延長されました。同時に機能追加やバグ修正も。

 実は以前から少し困っていたバグがありまして、↑の印刷画面の『拡張設定1』の『プリントカラースペース』に表示される名称が2バイト文字だと文字化けして表示されてしまっていたんです。
 どうせいつか気がついて修正されるだろうと思ってほっといたんですが、一向に修正されないので公式掲示板で指摘してみたら、すぐさま修正されました(´▽`) ホッ

 もう最近はこのPro 5しか使っていません。一応、Pro 4もインストールされていますが、Pro 5に慣れると戻れませんね。特に新しいノイズリダクションはホントに素晴らしいですから。

 正式版になったら、文句なしに即買いですね。

posted by Hizuki at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ機材

2011年02月13日

パラメーターの増加

Canon EOS 5D MarkII & EF70-200mm F4L IS USM 萬福寺(2011.02.06)

 引き続き『SILKYPIX Developer Studio Pro 5 Beta』を試用しているのですが、今回から加わったカラー設定のプロファイルの『自然』って、ちょっと派手過ぎな感じがします。特に色表現を『記憶色1』にすると『自然』な感じがしません(苦笑)

 でもまぁ、プロファイルに『V4互換』があって今までと同じ『記憶色1』も選べるので、両方を試して良さそうな方を選べばよいですね。ただでさえ、選べるパラメーターが多いのにまた増えるって弱点もありますが・・・。

posted by Hizuki at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2011年01月14日

DSC-TX5の方が・・・

SONY DSC-TX5 SONY DSC-TX5(2011.01.13)

 海外では6日に発表されていた、SONY『DSC-TX10』が国内でも正式発表されました。

 DSC-TX5を使っている身としては、気になる後継機種ではありますが、DSC-TX10のタッチパネルの方式が静電容量式に変更されたのには驚きました。つまりは、水中やタッチパネルが濡れた状態などで操作ができません(・・;)

 DSC-TX10が防水じゃなければ静電容量式の方が使いやすくて良いと思いますが、使い方を考えたら、多少の操作性の悪さは黙認して感圧式でしょう〜
 実際、DSC-TX5をスキー場へ持って行ったときに、グローブをはめたままでもある程度操作ができて重宝したんです。もちろん、濡れていても関係なし。

 とは言ってもですね、別に買い換えたいとか、欲しいってわけじゃないんですョ。

 そもそも、撮像素子(CMOS)が1/2.3インチ1620万画素に換わった時点で興味なし。DSC-TX5だって、お世辞にも高画質とは言えない(極小画素サイズの悪影響受けまくり)のに、撮像素子サイズそのままに高画素化なんて画質に期待できるわけ無いです。

 画素数なんかより、バッテリーの持ちを良くして欲しかったですねぇ。バッテリーはDSC-TX5と同じで、撮影可能枚数も同じ。動画録画は短くなっていますが、動画の解像度が上がったりしてますので、まぁ、同等と考えてよさそう。
 んー、画素数が増えたのに現状維持しただけ良いと考えるべきなのか・・・。

 というわけで、防水デジカメの購入を考えている方には在庫処分となるDSC-TX5をオススメします。一緒に予備バッテリーとEye-Fi X2をどうぞ。

posted by Hizuki at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2010年11月01日

1段分の価値

SONY DSC-TX5 MARUMI DHGスーパーサーキュラーP.L.D.(2010.10.31)

 10月1日から発売されたKenkoの『Zeta EX サーキュラーPL』、今年の春のCP+2010で開発発表されていたのでかなり注目していたのですが、いざ販売されてみると高いですね・・・。ものすごく。

 性能的には、従来のサーキュラーPLフィルターよりも約1段分明るいという、他にはない性能を誇っていて、しかも薄くて軽い。ブレにシビアな望遠レンズ型に使うには最適なフィルターです。

 今年になって我が家に導入した新レンズのフィルター径が67mmで、ちょうどその径のPLフィルターが無かったからZeta EXを買おうと思っていたのです。どうせネット通販なら安いであろうと・・・。
 でも、予想以上に高い。普及帯のデジタル対応のサーキュラーPLフィルターの倍以上の価格です。1段分の明るさに倍以上の金額の価値があるかどうか微妙。

 というわけで、悩みに悩んでZeta EXを断念してMARUMIの『DHGスーパーサーキュラーP.L.D』を買いました(^▽^;)
 Zeta EXの半額ってわけじゃないですが、まぁ、妥当でしょう。デジタル対応ですし、撥水・撥油コーティングがされているので、水や汚れに強い。PLフィルターは、回すときに指が触れやすいですから、これはけっこうありがたいかも。
 ちなみに、ホントかどうかわかりませんが、Canon純正のフィルターはMARUMIのOEMらしいです。

posted by Hizuki at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2010年08月02日

おもしろいカメラです。

Canon IXY Digital 60 SONY DSC-TX5(2010.08.02)

 突然ですが、コンパクトデジカメを買い換えました。SONYの『DSC-TX5』です。

 かなりコンパクト&軽量なのに防水ってのが気に入りまして。今まで使っていたCanonの『IXY Digital 60』が壊れてしまったわけではないのですが、たまに調子が悪くなったり、スイッチの接触が悪かったりで、んまぁ、そろそろ良いかな、と。
 あと、ほぼブログ用に使うコンパクトデジカメに手ブレ補正機能が付いていないのが辛かったりしまして・・・<これが買い換えの一番の理由かも。

 もう、ウーちゃんは嫁さんの実家に帰りましたが、その前にちょっと撮ってみました↓

SONY DSC-TX5 自宅(2010.08.01)

 さすがに被写体ブレは防げませんが、手ブレ補正の機器はなかなかな感じです。個人的に画像比率4:3が嫌いなのですが、16:9は気に入りました。
 なかなかおもしろいカメラです。また、今度じっくりと書きたいと思います。

posted by Hizuki at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2010年07月15日

心配事

Canon IXY Digital 60 東洋リビング ED-40DSK(2010.07.15)

 6年くらい前に買った防湿庫(東洋リビング ED-40DSK)の調子が最近悪いです。

 当時、嫁さんが使う分とで2台同時に購入して、今回、調子が悪いのはそのうちの1台です。扉を閉めておけば、いつもなら数時間で庫内の湿度が安定して低湿度(40%くらい)を保つのですが、40〜55%くらいを行ったり来たりして安定してくれません。

 防湿庫の奥の方に防湿ユニットがあって、庫内の湿度が上がるとその除湿ユニットの通電ランプが点灯して乾燥剤をヒーターで乾燥させ、湿度が下がれば通電ランプが消える(ヒーターOFF)構造なのですが、どうも通電ランプが点灯しっぱなしのようです。
 よく見てみると、ヒーターで蒸発させた水分を庫外へ排出する部分のシャッターが閉まらなくなったように見えます。つまり、いくら除湿しても庫内が密閉されていないから湿度が入ってくるって状況に・・・。

 とりあえず、東洋リビングに修理の依頼をしました。防湿庫ごと修理に出す必要は無く、防湿ユニットと湿度計だけを送れば良いそうです。
 で、いざ送ろうと思ったところで、なぜか調子を戻してきた(通電ランプが消灯してシャッターが閉まった状態)ので週末まで様子を見てみることにしました。ま、こうゆうことは良くあることですね(^▽^;)

 んー、時期が時期なのでレンズが心配です。

posted by Hizuki at 07:55| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ機材

2010年06月11日

簡易フラッシュバウンスリフレクター

1Canon EOS 5D MarkII & EF24-70mm F2.8L USM バウンズリフレクター(2010.06.11)

 明日は友人の結婚式&披露宴に行くので、急ごしらえではありますがフラッシュバウンスリフレクターを作ってみました。
 薄いプラバンを70mm×60mmの大きさに切り出して、マジックテープでストロボにつけただけの本当に簡易的なモノです。

 そもそも、最近のストロボには簡易的なリフレクターが内蔵されてるんですよね。必要なときに引き出して使うって感じに。でも、我が家のストロボ『Canon スピードライト420EX』には内蔵されてないんです。
 で、ちょちょっと作ってみたわけです。

 ちょこっと試し撮りしてみましたが、こんな小さな板でもちゃんと効果があって、柔らかい陰とキャッチアイもちゃんと入りました。なかなか上出来。

 これで準備万端。明日はよい写真を撮りたいですな〜

posted by Hizuki at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ機材