2012年11月23日

真空圧力 かまど炊き!!

 さて、突然ですが、炊飯器の話です。

 6年半くらい前に買った炊飯器で炊いた白飯が、炊きたてでもパサパサで臭いも良くなくて美味しいとは言えなくなってきまして、姫(娘)の食いつきも良くないってのもありまして、先月、思い切って最新の炊飯器に買い換えました。

東芝 RC-10VXF(W)(2012.10.21)

 東芝『真空圧力 かまど炊き RC-10VXF(W)』です!!
 「姫のために」という魔法の言葉が発動してちょいと高級機です(゜ロ゜)

 今、炊飯器というと各社いろんなアイデアを出してちょっとした争いになってますが、我が家としては『早く美味く炊けること』を最優先にしたので東芝の炊飯器になりました。

 というのも、東芝の炊飯器は加圧(圧力)だけじゃなく減圧(真空)機能がありまして、浸しの段階で釜内を減圧して米の中の空気を吸い出して水の浸透を促進するんだそうで、2時間必要な浸しの時間を20分弱で完了しちゃうんです。んで、その後に加圧して炊く(圧力鍋と同じですな)ので早くて美味いと。
 早く美味く炊くコースとして『そくうま』というコースが存在してまして、浸し時間も入れてたった30分で炊きあがっちゃいます。早炊きってコースもありますが、こちらは20分で炊ける代わりにあまり美味しくないそうです<試してはいない。

 普通の白米を炊くコースがいくつかあるので試してみましたが、一番美味いと思ったのは『かまど名人』。まさにかまどで炊いたような、米一粒一粒がガンガン主張するプリプリッとした炊きあがりになります。硬めというか、コシがあるって表現の方が正しいかな・・・。このコースで炊くとご飯の甘みが一番出ます。
 購入の目的でもあった『そくうま』も期待を裏切らずかなり美味しく炊きあがります。さすがに『かまど名人』には劣りますが、程よいモチモチ感でかなりのおいしさ。とても30分で炊いたご飯とは思えません。少しぱさついた感じで、米の表面が荒れた感じになりますが、あくまでも比較論です。

東芝 RC-10VXF(W)(2012.10.21)

 他のコースも試してみましたが、差はわずかですね。というか、米の状態や水加減で変わってしまって、イコールコンディションではないので比較できないです・・・。
 ただ、確実に言えるのはどのコースで炊いても以前の炊飯器よりも確実に美味いってことですね(苦笑)
 あと、共通して少し硬め(というかコシがある)に炊きあがる感じで、炊く前に浸す時間を設けることで柔らかくなる傾向です。

 今日は、五目ご飯(炊き込みご飯)を炊くために『おこげ』で炊いてみましたら、見事に香ばしいお焦げができていてかなり美味しかったです。それでいてムラがほとんど無く、モチモチした食感が美味しい。今までの炊飯器だったら、餅米を混ぜたりしたんですが、この炊飯器なら100%普通の米で良いですね。

 炊きあがりも美味しいですが、冷めても時間が経ってもすごく美味しいです。驚いたのが、『そくうま』で炊いて余ったご飯をそのまま12時間ほど保温してから冷凍したご飯でも美味しかったってこと。さすがに色が少し黄色くなりますが、臭みもほとんど無く、米がつぶれず1粒1粒の形が残っていました。以前の炊飯器では絶対にあり得ないことです!!

 ちなみに、減圧機能は保温時も活用されていまして、炊いてから1時間ほど時間が経つと減圧して米の酸化を防ぎます。そのおかげで最大40時間、保温しても問題ないとのこと。まぁ、実際にはそこまで保温することは無いですけど。とりあえず、我が家では夕飯に炊いて、次の日の朝まで保温(約13時間)ってのを試してみましたが、かなりおいしさを保ってましたよ。

 炊飯器を換えるだけでここまで美味しくなるとはねぇ。米は炊飯器を換える前から先週くらいまで静岡県産コシヒカリ(新米)で約2000円/5kgでした。その米が、違う米のように炊きあがりますからねぇ。もうとにかく米が美味すぎちゃって、ついつい食べ過ぎちゃいます。
 今は『ゆめぴりか』を食べてますが、『ゆめぴりか』の特徴である粘りけもしっかり出ていて美味しいですョ。

 姫も美味さがわかるのか、ガンガンが食いまくりです。以前の釜と比べると、明らかに食いつきが違います。時にはおかわりを要求されることも・・・。
 大人も同じく、ついつい食べ過ぎちゃいます。炊きたてじゃなくても、卵かけご飯が美味しいんですからねぇ。いやぁ〜、良い買い物でした。

posted by Hizuki at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電

2012年11月22日

来月納車

 さて、車を買い換えるかも!?と書きながら、早くも買い換えが確定しました。というか、先週の土曜日の話ですが、ハンコ押してきました(^▽^;)

 どんでん返しもなく、候補に挙げていた『エクシーガ 2.5i spec.B EyeSight』です。
 スペBが出てなかったら買い換えなかったかも知れません。スペBと『エクシーガ 2.5i EyeSight アルカンターラセレクション』との比較があってからこそって感じですね。価格差を考えると、スペBはどう考えてもお買い得。

 納車は来月中旬くらい。アウトバックを手放すのは残念ですが、納車は楽しみです(苦笑)

 ちなみに、商談ついでにBRZの試乗もしてきました。と言っても運転は父親で、私は助手席(;´Д`)
 試乗車がMTでして、免許的にはMTを持ってますが、免許取得以来10年以上も乗ってないので・・・。

 予想以上にスポーツカーっぽくて驚きました。父親が楽しそうにしているのがよくわかりました。特に加速時の音がいいですねぇ。予備知識が無い父親に2LのNAだって伝えたら驚いてました。
 目線&シートが低い割りに見通しも良く、乗り心地も悪くない。ボディの剛性感もなかなか。素直に欲しいって思う車ですねぇ。10歳若かったら買っちゃいそう。
 いやぁ〜、いい車ですよ。

 がらっと話題が変わりますが、日曜日は丹沢湖へ紅葉を見に行ってきました。
 親世帯(3人)と車2台体制での行楽です。来月にはエクシーガがやってくるので、車2台体制での行楽は今回が最後かも知れませんね。目的地、食事の場所、トイレなどなど、車2台だと調整が面倒なんですよね。ペースや信号のタイミングも気をつけないといけないし。

 丹沢湖の紅葉はちょうど見頃か、ちょい過ぎくらいで、なかなか楽しめました。
 三保ダムの麓のダム広場公園に先に寄ったのですが、整備が行き届いていて良い感じ。全体の風景を撮ろうとするには向きませんが、紅葉を大きく撮りたい場合には都合が良いです。ただ、山間なので日が陰るのが早いのが難点。

 丹沢湖周辺の山も紅葉していて、陽の入り方によっては山が燃えているように染まります。ただ、湖畔の道路の一部(一方通行の道路かな)が台風17号の影響で通行止めになっていたのが残念。1周回りたかったんですけどねぇ。

 帰りに欲張って時之栖のイルミネーションも見てきました。
 ちょっとしか見られませんでしたが、以前よりもパワーアップしていて驚きました。光のトンネルが増えてるし。
 時間に余裕があるときに、また見に来ようかと。

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

紅葉(2012.11.18)

posted by Hizuki at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カー

2012年11月15日

エクシーガ 2.5i spec.B EyeSight

 なんだかんだで帰宅後に色々忙しく、更新をサボっちゃいました(^▽^;)

 さて、突然なんですが、車を買い換えるかも知れません。
 Twitterでちょこちょこ書きましたが、先週の土曜日に神奈川スバルの小田原店に行って『エクシーガ 2.5i spec.B EyeSight』を試乗してきまして、買換候補はまさにそのスペBです。

 わざわざ小田原までなんで行ったのかといいますと、やはり、18インチタイヤ+ビルシュタインで街乗りの乗り心地が悪くなってないかな?ってのが気になりましたので。あとはスペB専用の外観を実物で確認したいなぁってことで。

 それで乗り心地ですが、すこーしコツコツ感がありますが、揺れたときの収まりが早く、乗り心地は良好でした。別の日に非スペBに乗ったときに違和感があったブレーキング時の大きめのノーズダイブが抑えられていて、さすがだよねって感じでした。
 山坂道も試せればもっと良かったですが、まぁ、試乗するまでもないでしょう(笑)

 小田原の試乗で驚いたのが、試乗車なのに平均燃費が10Km/Lだったこと。基本的に街乗り中心の試乗だそうなので、アウトバックと比べたら燃費にけっこう期待が持てそう。営業曰く、高速中心で14Km/Lが出た人がいるらしいです。
 燃費向上はやはり新エンジン(FB25)+新リニアトロニックによるところが大きいのだと思います。ステラもCVTですが、リニアトロニックの方が静かだし回転数の上がり方も自然ですね。FB25はEJ25と比べると中低速域でのトルク感が力強くて乗りやすいですし。

 アウトバックと比べるとややステアリングがダルな感じですが、アウトバックにはフレキシブルタワーバーを付けていますし、パワーステアリングの違い(アウトバックが油圧、エクシーガが電動)もありますからねぇ。フレキシブルタワーバーは必須かなぁ。

 見た目ですが、小田原店の試乗車はオプション未装備なのでカタログ写真のスポイラーは無しです。それでも全体的に特別感があっていい感じ。ブラックグリルも締まりがあって良いですねぇ。でも、18インチホイールは見るからに重そうで微妙・・・。色はいいんですけどね。あと、サイドミラーはボディー同色でよかったんじゃ無かろうか・・・。

 内装はレッドステッチが良い感じ。アウトバックの本革仕様ほどの高級感はありませんが、アルカンターラが質感を上げています。意外と気に入ったのが、ステアリング。momoとの契約が切れたので、いわゆるmomoステではありませんが、革の凹凸が大きく手になじみやすい感じです。レッドステッチも格好良い。
 アウトバックのL-styleだと上の部分が木製で、ある意味グレードダウンだなぁって気にしていたのですが、気にならなくなりました。

 ところで、試乗するときISO-FIXのチャイルドシートを貸していただけまして、姫も一緒に試乗ができました。ご機嫌取りにジュースまでいただいて、なかなかサービスが良い!!静岡から試乗に来ていることがわかっているんで、契約できないことはわかってたんですけどねぇ。とても嬉しい対応でした。

 てなわけで、スペBに好印象。非スペBとの価格差も小さいですし、スペBはお買い得ですねぇ。ナビとかその他諸々で出費が大きいですが、この先、今年含めて3年はフルモデルチェンジがないみたいですし、タイミングかなぁ。
posted by Hizuki at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | カー