2012年06月29日

いつのまにか

Canon EOS 5D Mark III & EF24-105mm F4L IS USM  PCケース(2012.06.29)

 全然気がつかなかったんですが、国産PCケースで有名になった星野金属(後に星野アイエヌジー)が今月になって廃業してました。
 私が使っているPCケースが星野金属のWiNDyシリーズのケース(MT-PRO 4000 MB-R)なだけに少々寂しい感じです。

 一時期から色々と叩かれて、あまり良い評判を聞かなくなっていましたが、結果的に廃業とは・・・。
 せっかく国内企業なんだから、国産だからこそできる品質とかそうゆうのを売りにがんばって欲しかったですねぇ。どうせPCケースを買う人なんて、色々とこだわる人が多いんだから、多少高めの価格設定でも海外ブランドに対向できたと思うんですけどね。

 んー、こだわりのアルミPCケースって国内企業だとあとはAbeeかー。Abeeは大丈夫かなぁ。

posted by Hizuki at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2012年06月25日

御用邸のアジサイ

 土曜日に沼津御用邸記念公園へ行ってアジサイを撮ってきました。早速、現像して↓の『CANON iMAGE GATEWAY』にアップロード!!

 駐車場のおじさんに話を聞いたのですが、どうも今年のアジサイはハズレらしいです。花のつきが悪く、葉が目立つんですね。本来は、花の数がもっともっと多く、葉が見えなくなるのが例年だそうで・・・。
 それと、先日の台風でだいぶ傷んでしまったそうな。確かに傷んだ花が多く、花を選ぶ必要がありました。こればかりは仕方ないですね。

 今回は初めて行ったので、とりあえずどんな場所なのかがわかったということが収穫です。来年も行ってみようかと。

posted by Hizuki at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真&アート

2012年06月19日

キジ!?

DSC-TX5 キジ(2012.06.18)

 昨日のことなんですが、普段、あまりテンションを上げることがない上司が、テンション上がり気味に事務のお姉さん(私のデスクのすぐ近く)になんやら話しかけていて、何を話してるんかなぁって思ったら、オフィスが入っているビルの敷地にキジがいたとのこと。
 まさかと思いましたが本当にいました↑

 窓越しに撮ったのであまり鮮明じゃないですが、窓越しにほぼ目の前です。野生はもちろん、動物園でもこんな至近距離で見たことないですよ!!

 キジくん、ビルの窓際を行ったり来たりしていました。芝生の上だったので、ミミズとかを探していたのかもしれません。
 今見てみると、まだ幼鳥っぽいですね。オスには間違いないと思いますが・・・。頭からちょこっと出ているアホ毛がチャームポイント(笑)

 ビルがある場所は、近くに畑があるとは言っても立地的に山の中じゃないんですけど、なぜキジが・・・。今日にはいなくなっていたっぽいですから、ちょっと立ち寄っただけだとは思いますが、台風の中、無事でいてほしいですね。

posted by Hizuki at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2012年06月14日

EOS Kiss X6i

 先日キヤノンから発表された『EOS Kiss X6i』、なかなか良いですね。

 いろいろとかなりパワーアップされていますが、中でも動作が撮影中の動画サーボAF(コンティニアスAF)が気になります。
 デジタル一眼レフカメラの動画撮影はEOS 5D Mark IIとMark IIIで経験済みですが、動画撮影中のフォーカシング(MF)がとにかく難しくて、どうしてもピンぼけ動画が録れちゃうんですよねぇ。
 それをAFでやれるようになったんですから、興味が湧かないわけがないです。

 まだ発売前なのでものすごく詳しくは書いてないですが、価格.comのレビューサイトを見る限りではこのコンティニアスAFの実用性は高そう。さすがに速い動きモノはキツイでしょうけど、コンティニアスAFができないよりはマシであって・・・。

 あと、背面液晶がタッチパネル(静電容量式)で操作できるってのも良さげ。この機能は是非EOS 5D MarkIIIにも欲しかった!!いや、コンティニアスAFもMark IIIに欲しかった!!

 んー、それにしても発売日が近い割りにMark IIIには載せられなかったんですねぇ<新機能。やっぱ、この点はAPS-Cサイズとフルサイズの違いがあったりするんでしょうか・・・。
posted by Hizuki at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年06月11日

やっとアジサイ

 土日に撮影の時間が少し取れたので、早速、現像して『CANON iMAGE GATEWAY』にアップロードしてみました。

 本当は土曜日にアジサイを撮るつもりで出かけたのですが、1枚も撮れず・・・。日曜日にやっと撮れました<アジサイ以外の花とかも撮っています。富士市の広見公園の片隅でひっそりと咲いていた普通のアジサイです。正直言って、もうちょっと変わったアジサイも撮ってみたい・・・。
 でも、しばらく時間が撮れないなぁ。天候的には雨でも全くかまわないのですがね・・・。

posted by Hizuki at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真&アート

2012年06月06日

再起動後に認識不能に・・・

DSC-TX5 SanDisk SDSDQY-008G-J35A(2012.06.06)

 先週の土曜日の朝、いつものようにF-12Cを充電していたら、まぁ、これもいつものように(?)勝手に再起動したんです。そこまでは良かったんですが、再起動後にmicroSDカードが認識されなくなっちゃったんです・・・。

 以前にも一度、認識されなかった時があったのですが、その時は再起動だけでなおったんです。んが、今回はなおらず・・・。望みを捨てずに今度はPCのカードリーダーで読んでみようとしてみたものの、やはりダメ。「フォーマットするか?」って聞かれちゃいます(´・ω・`)
 一応、復元ツールでいくつかのデータを復元することはできましたが、フォルダ構造やファイル名までは復元できず、アプリの設定ファイルなどはほぼ全滅です。

 今まで使っていたmicroSDカードのメーカーはトランセンドでしたが、もう信頼できんってことで、新たにSanDiskの『モバイル ウルトラ microSDHC UHS-I カード SDSDQY-008G-J35A』を調達しました。
 今まで使っていたmicroSDカードの容量は16GBでしたが、やや容量過多でしたので今回は8GBです。

 やはりSanDiskのメディアの信頼性は業界一かなぁ。でも、SDカード関連はパナソニックや東芝も良さそうですね。
 ま、何はともあれ、今度のmicroSDカードはトラブルがなければ良いけど・・・。

posted by Hizuki at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話

2012年06月04日

今更、三脚ケースを

DSC-TX5 ケンコー トライポッドキャリー L型(2012.05.31)

 かなり今更なんですが、三脚ケースを買いました。
 ケンコー『トライポッドキャリー L型』です。

 今使っている三脚はVelbon『Neo Carmagne 740』で、2007年に嫁さんから誕生日プレゼントとして貰ったものです。雲台が別売りだからなのかケースが付属していなくて、今まではアウトバックのリアラゲッジルームにそのまま入れていたんです。
 ずっと気になっていたのですが、タイミングを逸したりしてあれよあれよと早5年(笑)。

 Velbonのラインナップには『4W#740L』という専用ケースも存在しますが、値段が高いし、でかいし、必要の無い機能があったりしたのでパス。シンプルで汎用的なケンコーのケースにしました。雲台がケンコー製なので一応、中身とメーカーがそろってますョ(^_^;)

 トライポッドキャリーは特に内ポケットや外ポケットが用意されておらず、とにかく三脚を入れるだけの袋です。ただ、以外と生地がしっかりしていて丈夫そう。ファスナーは防水ファスナーではありませんが、生地自体は防水仕様だそうです。そこそこ安いし、なかなか良さげです。

 あとついでに↓も購入。

DSC-TX5 Velbon エンドフック(2012.05.31)

 Velbon『エンドフック』です。

 これも当初より付けたいと思っていたものなのですが、普通に売っていないので・・・。今のところ、いつ活躍するかわかりませんが、風景を撮るときにバッグをつり下げたいと思います。

posted by Hizuki at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ機材

2012年06月02日

Load Line Calibrationが重要

 今日もPCネタというかオーバークロック(OC)ネタです。

 先日の4.7GHzの設定だとTurbo Boost(TB)時のCPU電圧が1.4V代で高すぎ。で、これがちょっと気になってたのでもうちょっと下げられないか探ってみました。
 その結果が↓

4.7GHz常用新設定

4.7GHz常用新設定

4.7GHz常用新設定

4.7GHz常用新設定

 ポイントとなったのがLoad Line Calibration(LLC)の設定。
 LLCって高負荷時に単純に電圧を盛ってくれるだけだと思っていたのですが、どうも違うみたいです。例えば、オフセットでCPU電圧を盛って得た1.416VではCINEBENCHが途中で失敗しても、LLCが盛って得た1.416Vでは失敗しません。
 先日、4.7GHzでの安定動作を探っていたとき、最初はLLCをRegular(0%)に設定してオフセットでCPU電圧を調整していて、その上で1.416V前後で安定するっぽいゾって結論にしていたんです。そして何となくそこからLLCをExtreme(100%)に変えて、CPU電圧が1.416V前後になるようにオフセットを調整したわけです。
 この時点ではTB時に得られるCPU電圧が一緒ならLLCはどの設定でも一緒って思っていたので、オフセットを下げるってことは考えてなかったわけです。

 てなわけで、若干ながらCPU電圧を1.392V(CPU-Z読み)下げられたわけですが、それでもけっこう高めですね。もっとドカッと下げられたら良いのですが、4.5GHzを超えるとどうも要求電圧がドカッと上がるようでして・・・。電圧はCPUの温度に大きく影響しますから、少しでも下がったんだからそれはそれで良いのですけどねぇ・・・<↑は室温27度時。

 んー、4.5GHzと4.7GHzでは体感的にもベンチマーク的にも大きな差が無いんですよねぇ。実は。やはり、本格的な夏になったら4.5GHzに落とすべきか・・・。

posted by Hizuki at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PC